TOP   ⁄  LINE UP

普通は走り出す(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『普通は走り出す』

出演:渡辺紘文 ほか

監督・脚本:渡辺紘文|主題歌/劇中歌 トリプルファイヤー|撮影監督:方又玹|音楽監督:渡辺雄司|企画:直井卓俊|モノクロ|STEREO|100min(予定)

東京国際映画祭を始め、海外の映画祭に多数出品してきた渡辺紘文監督が奇才・吉田靖直率いるトリプルファイヤーの楽曲から着想を得て作り上げた、映画制作に悩み苦しみ毒を吐き続ける映画監督の日常。

◎渡辺紘文(わたなべ・ひろぶみ)

1982年栃木県生まれ。2013年、実弟の映画音楽家・渡辺雄司とともに映画制作集団大田原愚豚舎を旗揚げ。『そして泥船はゆく』(13)『七日』(15)『プールサイドマン』(16)『地球はお祭り騒ぎ』(17)がデビュー以来4作連続で東京国際映画祭に出品されるなど国内外で高い評価を獲得している。

◎トリプルファイヤー

吉田靖直(vocal) / 鳥居真道(guitar) / 山本慶幸(bass) / 大垣翔(drums)
2006年結成、2010年に現在の編成となる。2012年5月「エキサイティングフラッシュ」2014年2月「スキルアップ」2015年9月「エピタフ」2017年11月「FIRE」を発表。「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!