TOP   ⁄  LINE UP

恋の渦(2013)

【公式サイト】

シネクイントで大ヒット御礼!2013.8.31(土)-オーディトリウム渋谷ほか全国順次上映決定!!

『恋の渦』

出演:新倉健太、若井尚子、柴田千紘、後藤ユウミ、松澤匠、上田祐揮、澤村大輔、圓谷健太、國武綾、松下貞治

監督:大根仁|原作・脚本:三浦大輔|制作:山本政志|撮影:大根仁、大関泰幸、高木風太|録音:岩倉雅之、光地拓郎|編集:大根仁、大関泰幸|制作担当:吉川正文|助監督:甫木元空|美術:碓田佐紀子|美術協力:磯見俊裕|衣装協力:伊賀大介、destination Tokyo|製作:シネマ☆インパクト|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS

部屋コンで出会った9人の男女 交錯する恋心と下心
ゲスでエロくてDQNな恋愛模様!

部屋コンに集まった男女9人。イケてないオサムに、カノジョを紹介するのが、今夜の隠れテーマだ。しかし、やってきたユウコのルックスに男は全員ドン引き。それでも無理矢理盛り上げようとするが、全てが空回りし、微妙な空気のままコンパは終わったはずだったが・・・。その夜を境に、男女9人の交錯する恋心と下心、本音と嘘が渦巻き、ゲスでエロくておかしな恋愛模様が繰り広げられていくのだった。

気がつけば「恋の渦」!?

チャラ男とギャルたちの軽薄で些細な恋愛模様。浮気、別れ、裏切り・・・。本来ならまったく感情移入できない、傍観・冷笑するしかないどうでもいい世界に、次第に「これ思い当たる」「こういうのあるある」と感情が動き出し、いつの間にか観客自分自身の物語になっていってしまう。さらに観終わった後には、無性に誰かとこの映画について語り合いたくなる。観客は、知らないうちに「恋の渦」に巻き込まれてしまっていくだろう…!

ア然ボー然の低予算、撮影日数わずか4日間のインディーズ映画が連日売切&立ち見の大ヒット!これは、もう”事件”だ!!

「モテキ」で、絶大な支持を受けた大根仁監督が選んだ待望の次回作は、なんと初のインディーズ映画。「愛の渦」で第50回岸田國士戯曲賞を受賞した、ハイパー劇団ポツドールの主宰・三浦大輔の原作・脚本による「恋の渦」の映画化だ。山本政志監督率いる実践映画塾「シネマ☆インパクト」内の1企画として制作された「恋の渦」は、オーディトリウム渋谷にて連日キャパオーバーとなる大ヒット!ツイッターでの絶賛コメントも沸騰状態となり、最終日には24:00、26:40の緊急追加上映を敢行するも、異例の満員御礼。異常な熱気渦巻く劇場は、今年上半期の大事件となった。観客からの圧倒的支持と熱いリクエストに応え、拡大ロードショー公開が決定。「恋の渦」を見ずに”今”の”映画”は語れない!