TOP   ⁄  NEWS

2.19-3.11「MOOSIC LAB」ラインナップ・スケジュール

企画: SPOTTED PRODUCTIONS、ロサ映画社/イメージモデル:みさこ(神聖かまってちゃん)/スチール:タイコウクニヨシ/宣伝協力:蕪木智子、青野小春/提供・協力:AOYAMA | MEGURO、 HMJM RECORDS、SDP、ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ、Fontana Mix、800 Lies Production、ティ・ジョイ、映画美学校、TRASH MOUNTAIN VIDEO、HEADZ、nobody、映画秘宝、岩淵弘樹、メランコフ、寺澤ルミ、加藤行宏、Perfect Music、UK PROJECT、ネナシネマ/宣伝美術:崎田ハヤト、寺澤圭太郎

※入場料・割引サービス一覧アップしました。


2011年、『SR サイタマノラッパー』(監督:入江悠)『ライブテープ』(監督:松江哲明)などの配給・宣伝を手がけるSPOTTED PRODUCTIONSが企画製作する【音楽×映画】のレーベル”MOOSIC”が始動。陽春公開予定の長編『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』(監督:入江悠)から個性豊かな監督陣による新作短編まで、幅広いラインナップを手がけていく予定です。そこで今回、レーベル設立を記念して、シネマ・ロサとのコラボ企画上映「SPOTTED63」第2弾で【音楽×映画の実験室】=”MOOSIC LAB”と題した特集上映を開催します!

“MOOSIC”企画による先述の新作短編のプレミア上映枠「MOOSIC PRODUCT!」と新旧及びジャンルを超えたセレクトを招待する上映枠「MOOSIC EYE」、冨永昌敬監督の最新作にして初のドキュメンタリー作品『庭にお願い』のプレミア・レイトショー、さらには「TRASH UP!」「nobody」「エクス・ポ」「映画秘宝」といった気鋭の雑誌編集部がプロデュースする「MOOSIC+」という特別企画も実施!新旧&バラエティ豊かなラインナップでお送りします!——————直井卓俊(プロデューサー/SPOTTED PRODUCTIONS)


=音楽×映画の新レーベル”MOOSIC”の設立記念として製作された短編映画3本と、特別招待作品を一挙上映!

◉2.28(月)、3.2(水)、3.4(金)21:00〜

『トンカツに聴かせたいミュージック(ドキュメント)』※特別招待作品

2010|監督・編集:田中功起|音楽・出演:HOSE|撮影:松平直之(DENBAK-FANO DESIGN)、徳永利行(DEEPBLUES)|録音:宇波拓|製作:新潟市美術館|HD|31分

新潟の某トンカツ屋でのHOSEによる生演奏とベーシストの胃袋に収まる崇高な1食のトンカツ定食を見つめる2台のカメラ。映像と音楽が一体となって虚しさと滑稽さを奏で、やがて食欲と哀愁を喚起する。

『THE Magician』

2011|監督・脚本・出演・音楽:mark|出演:遠藤有機、笹木珠美、中尾勘二|監督補・編集:田中羊一|撮影:三村和弘|製作:mark&SPOTTED PRODUCTIONS|DV|15分

和製ダニエル・ジョンストンと評される超個性派女性シンガーソングライター”Markが監督脚本主演に挑んだ野心作は、森を舞台に1枚の高価な絵とお金を巡る寓話。ガーリーマインドに時折キラリと狂気が宿るワンアンドオンリーな世界が展開する。

『こぼれっぱなし』

2011|監督・脚本・撮影・編集:宮本杜朗|出演:DODDODO、和田シンジ、須原敬三|製作:SPOTTED PRODUCTIONS|HD|20分

関西アンダーグラウンドシーンから飛び出した映像作家・宮本杜朗&女性ミュージシャンDODDODOの異能コンビが「手をつなごう」をテーマに紡いでゆく、世にも奇妙でエモーショナルな映像詩。幾度となく飛躍、明滅する音と映像を体感せよ!

『スーサイドサイドカー』

2011|監督:鎮西尚一/那須千里|脚本・出演:那須千里|出演:三輪二郎、長宗我部陽子、豊田道倫|撮影:高木風太|編集・出演:ヤング・ポール|整音:宇波拓|製作:SPOTTED PRODUCTIONS|DV|20分

夢のような幻のような世界で、漂白のシンガーソングライター・三輪二郎は誰かと出会い、別れ、唄い続ける。一昨年、12年ぶりに映画界に復帰した鎮西尚一監督が三輪のアルバム『レモンサワー』収録曲をモチーフに、瑞々しい世界を現出する。

★2.28(月)宮本杜朗監督、mark監督による舞台挨拶+markミニライブあり
★3.2(水)HOSEによるミニライブあり
★3.4(金)三輪二郎によるミニライブあり


=「音楽×映画」をいろんな映画から検証する、ある意味「ある視点部門」

2.23(水)#1:MOOSIC的インディーズ映画のススメ

『青すぎたギルティー』

2010|監督・脚本・編集:平波亘|出演:土屋 壮、細田ケント、小鳥、堀川剛史、緒方和也、関口崇則、土屋いくみ|撮影:伊集守忠|音楽:へりこひでも(from the混ズ)
|ラップ協力:駒木根隆介、奥野瑛太|製作:800 Lies Production|HD|83分

不世出のバンド”ギルティーズ”最後の日々を、アルバム全12曲を物語のチャプターとして構成。その激動の日々と起こるべくして起こる崩壊をポップなセンスで描き、絶望の先にある清々しいまでの疾走感を模索する情熱直下型インディーズ映画。

→|予告編

★平波亘監督ほかによるゲストトークあり


2.24(木)#2:音楽への衝動が映画に昇華する瞬間

『僕たちは世界を変えることができない』

2007|編集:手塚一紀と銀杏BOYZ|製作:初恋妄℃学園|DV|138分

GOING STEADY解散から銀杏BOYZの初アルバム完成まで、スタッフとメンバーが従軍カメラマンよろしく記録した映像を凝縮。峯田和伸の苛立ち、メンバーの焦燥、束の間の狂騒。その全てが爆裂するフェスでの遠景ショットで、この映画はセルフ・ドキュメンタリーの傑作となった。(九龍ジョー)

★来場者プレゼントを予定


2.26(土)#3:豊田道倫映像集/実験の夜、発見のロサ。

『裏バイブル』

2010|演出・構成・撮影・編集:岩淵弘樹|出演:あや、岩淵弘樹|DV|15分

『遭難フリーター』監督・岩淵が豊田道倫のアルバム『バイブル』のジャケット撮影地のラブホテルに潜入。そこで呼び出したデリヘル嬢・あや(58)との不器用にもほのぼのとしたやりとりが豊田の音楽世界とアクロバチックに共鳴し合う。

『豊田道倫 映像集3-MOOSIC LAB Version-』

2011|撮影・編集:カンパニー松尾|出演:豊田道倫、昆虫キッズ、友川カズキ|製作:HMJM RECORDS|DV|70分(予定)

「松江哲明による前野健太映像集「DV」に対抗して「AV」とでも呼ぼうか(笑)」と語るAV界の名匠・カンパニー松尾が、豊田の歌とその生き様をストイックに伝えるドキュメンタリー。倒れたペットボトルにすら詩情を持たせてしまうヴィヴィッドな視点に注目。

★カンパニー松尾監督、岩淵弘樹監督ほかによるゲストトークあり


2.27(日)#4:新しいアイドル映画の作り方。

『シロメ』

2010|監督・脚本:白石晃士|出演・主題歌:ももいろクローバー(百田夏菜子、早見あかり、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)|撮影:三村和弘|編集:白石晃士、高塚絵里加|製作:『シロメ』製作委員会|HD|83分

人気急上昇中のアイドルユニット・ももいろクローバーの面々を、フェイクメンタリーの雄・白石晃士が巧みに演出。その結果、彼女たちの素の魅力、女優としての魅力が解放された全く新しいアイドル映画が誕生した!

→|予告編

★白石晃士監督×吉田豪(プロインタビュアー)×みさこ(神聖かまってちゃん)によるゲストトーク&来場者プレゼントを予定。


3.1(火)#5:入江悠『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』公開記念リヴァイバル上映

『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー★傷だらけのライム』

2010|監督・脚本:入江悠|撮影:三村和弘|音楽:岩崎太整|出演:山田真歩、安藤サクラ、桜井ふみ、増田久美子、加藤真弓、駒木根隆介、水澤紳吾、岩松了|製作:2010 SR CREW|HD|95分

最新作『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』の公開が待たれる入江悠監督の大ヒット作『SR サイタマノラッパー』シリーズ第2弾。群馬で現実にがんじがらめになっているex.女子ラッパーたちの青春。シリーズの根幹を支えるパンチのある楽曲群にも再注目。

→|予告編

★スペシャルイベント:SHO-GUNG,B-hack & mono(神聖かまってちゃん)による『SR サイタマノラッパー3』公開オーディションを開催!


=気鋭の雑誌編集部が「音楽×音楽」をテーマにプロデュースする特別企画!

#1

◉2.19(土)

『making of ロックンロール・マジック』

2010|構成・撮影・編集:デモ田中|出演:ザ50回転ズ(ダニー、ドリー、ボギー)、井口昇|製作:ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ|DV|16分

ザ50回転ズのメンバーと井口監督へ注がれる愛情、画面に溢れ出るロックスピリットが同時上映される本編をさらに楽しくしてくれるデモ田中監督による傑作メイキング・ドキュメンタリー。

『ロックンロール・マジック』

2010|監督・脚本:井口昇|出演:ザ50回転ズ、亜紗美、泉カイ、佐藤佐吉|製作:ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ|HD|28分

“日本の誇るおかっぱバンドの頂点”ザ50回転ズ”と”日本映画界・狂気のサラブレッド”井口昇監督が送る、同タイトルのミニアルバムの全6曲を丸ごと収録したSFロックオペラ!痛快無比な内容は是非、相性抜群の大スクリーンで!

→|予告編

『ロックンロール・マジック』はデ・パルマの『ファントム・オブ・パラダイス』と手塚眞の『星くず兄弟の伝説』の遺伝子から生まれた痛快映画だ。日本映画じゃミュージカルはお寒いといわれて久しいが、やれば出来ることを証明した。特別トークイベントもやるぞ!見逃した奴は後悔すること間違いなし!ーーー田野辺尚人(『別冊映画秘宝』編集長)

★ザ50回転ズ(ダニー、ドリー、ボギー)×井口昇×映画秘宝編集部によるスペシャルトークイベントを予定!


#2

◉2.20(日)

『牛乳王子』

2008|監督・脚本:内藤瑛亮|撮影:穴原浩祐|出演:加藤真、安藤舞、泉水美和子、青山みその、相馬有紀実、田村恵、森久ともよ|製作:映画美学校|16mm→DV|15分

世界中のホラーマニアを熱狂させた短編。老け顔の中学生・加藤真が自殺する。想いを寄せる同級生・安藤舞の前で痴態を晒してしまったか らである。彼の情念は殺人鬼・牛乳王子を生む。ボンクラ男子の純愛をスラッシャー映画の方法論で誠実に語ったラブストーリー。

→|予告編

『ファッション・ヘル』

2010|監督・脚本:継田淳|撮影:早坂伸|出演:原紗央莉、亜紗美、鈴木ミント、石川ゆうや、柳東史、ワニ完才、室田晃、デモ田中|製作:クロックワークス|DV|75分

H.G.ルイスからラス・メイヤー、そしてジョン・ウォーターズに続くトラッシュ・ムービーの現在進行形がこれだ!恐怖のファッション・ヘルス に迷い込んだ男達が見た地獄とは!!予想を裏切る展開に爽快感すら感じられるラストは最高。

→|予告編

◉2.25(金)

『痴漢ドワーフ(ライブ・コメンタリー付上映)』

1972|監督:ヴィダル・ラスキ|脚本:ウィリアム・メイヨ|音楽:オーレ・オルステッド|出演:トルベン、アンヌ・スパロウ、トニー・イーデス、クララ・ケラー|提供:TRASH MOUNTAIN VIDEO|35mm →デジタル上映|92分

トラッシュ映画を知りたいなら、まずこの映画を見よ!小人が女性を監禁、薬付けにして売春させる世界映画史に残る問題作がスクリーンで復活する。しかも、ライブ・コメンタリー付きでの上映。映画館でコメンタリーって、日本初でしょ?

→|予告編

コメント:とりあえず、皆さんの記憶に残るくらいの惨劇を映画館でやらかそうとたくらんでいます。覚悟して来場して下さい。そして、一緒に血を流しま しょう!!!
ーーー屑山屑男(『TRASH-UP!!』編集長)

★ ゲストトークあり。


#3

◉2.21(月)

『One Plus One 2』

2003|監督:アンダース・エドストローム & C.W.ウィンター|出演:デレク・ベイリー、カレン・ブルックマン|DV|47分

2005年に他界した即興演奏家デレク・ベイリーのドキュメンタリー作品。監督は最新作『The Anchorage』(08)でロカルノ映画祭「Filmmakers of the Present Competition」部門最高賞を受賞したふたり組。

本作にはデレク・ベイリーのライブ映像も、創作の秘密の解明も映っていない。だがここには確実に〈存在〉が、そして〈音楽〉が映っている。「私の本当の関心は、いわば無から始めることだ」と語ったベイリー。その「無から始めること」こそを、本作はとらえているとも言えよう。———松井 宏「nobody」編集部

★ 上映後、牧野琢磨によるソロライブあり!


#4

◉2.22(火)

『パンツの穴 キラキラ星みつけた!』

1990|監督:鎮西尚一|脚本:ふかやじんいち、鎮西尚一|撮影:福沢正典|音楽:京浜音楽社(岸野雄一)|出演:西野妙子、毛利賢一、浅野忠信、遠藤美佐子、大杉漣、天本英世、加藤善博、加藤賢崇、広田玲央名 |製作:フィルムキッズ|提供:バンダイビジュアル|35mm|87分

岸野雄一の音楽に乗ってさわやかに踊る加藤賢崇と不機嫌に踊る若き日の浅野忠信…そして猟銃を持って暴れまわる天本英世の怪演と、アイドル西野妙子の瑞々しさ。名シーンてんこ盛りで送る、鎮西尚一監督によるジャンル特定不可能な青春ミュージカルの金字塔。

鎮西監督の音楽に対する貪欲な嗅覚には驚かされます。2009年に12年ぶりに撮った新作「スリップ(熟女 淫らに乱れて)」の音楽にHOSEの宇波拓を起用し、音楽と映画が静かに同居する世界を作り上げた今こそ、1990年のこの一作を【音楽×映画】という視点から見直してみたいと思います。ーーーナガシオユウト(メランコフ編集部)

★鎮西尚一監督、いまおかしんじ監督によるゲストトークあり!


#5

◉3.3(木)


撮影:加藤和也/「Y時のはなし」@VACANT 2010

『Y時のはなし』

2010|演出・出演:快快|音楽:蓮沼執太|DV|尺数未定|提供:HEADZ

世界とジャンルを股にかけて人気拡大中の劇団(?)快快(faifai)の公演を完全パッケージ化した映像作品を初めてスクリーンにて上映します。しかもこの日、シネマ・ロサで何かが起こる・・・?!

せっかくの「音楽と映画ネタで何かひとつ」とのことなので、やっぱりただフツウに映画を選んで上映するのじゃなくて、なにかエクス・ポらしいトンデモ企画をやれたらと考えてみました。何が起こるかは当日確かめてください(僕もまだ知りません)。
———佐々木敦(『エクス・ポ』編集長)

★ ゲストトークほかイベントあり?


『庭にお願い』

2010|撮影・編集:冨永昌敬|プロデューサー:須川善行|整音:山本タカアキ|出演:倉地久美夫、菊地成孔、外山明、岸野雄一、石橋英子、田口史人|製作:Fontana Mix|DV|78分

九州在住・謎のミュージシャン倉地久美夫の音楽の秘密に迫るべく、冨永昌敬監督と元『ユリイカ』編集長の須川善行が作り上げた音楽ドキュメンタリー。あまりにも独特ながら、人の心を惹きつけてやまない倉地の音楽世界を探れば探るほど美しい迷宮が見えてくる。

→|予告編

★特別併映作品、ミニライブ、トークショーイベント決定

3.5(土)冨永昌敬監督×菊地成孔(ミュージシャン)×須川善行(『庭にお願い』プロデューサー)によるトークショー
3.6(日)併映『ビクーニャ』(監督:冨永昌敬/35分)
3.7(月)併映『私が幸せでいるという事』(監督:深川栄洋/32分)
3.8(火)併映『夜をまきもどせ』(06/岸野雄一/40分)
3.9(水)併映『Mirthful Crime』(85/倉光純/18分)
3.10(木)併映『クラチ課長の凡な日常の非凡』(09/RKB毎日放送/12分)
3.11(金)倉地久美夫ミニライブ


2011.2.19(土)〜3.11(金)連日21:00〜
池袋シネマ・ロサにてレイトショー!

※料金・スケジュール詳細は追ってお知らせ致します。


◉関連イベント

第3回・恵比寿映像祭
「音/映像 日本インディペンデント映画の冒険」にて
MOOSIC 作品上映!

【日時】2/23(水)13:00~、2/26(土)13:00~
【劇場】東京都写真美術館

『スーサイドサイドカー DAY DREAM Version』(監督:鎮西尚一)
『ザ・マジシャン― BELIEVER Version』(監督:Mark)
『こぼれっぱなし』(監督:宮本杜朗)
『ギ・あいうえおス -ずばぬけたかえうた-』(監督:柴田剛)

→|公式サイト


ももクロとかまってちゃん