TOP   ⁄  NEWS

[NEWS]9.6(土)~9.12(金)『童貞。をプロデュース』、聖地シネマ・ロサにてまさかの6周年記念レイトショー開催!

もはや毎年夏の終わりの恒例行事!9.6(土)~9.12(金)『童貞。をプロデュース』、聖地シネマ・ロサにてまさかの6周年記念レイトショー上映となります!未見の方も再見の方も是非!昨年『フラッシュバックメモリーズ3D』が大ヒットを記録した松江哲明監督と「まだやるんすか…」と渋りながらもステージに立ち続ける童貞2号・梅澤君の勇姿による舞台挨拶も必見です!

『童貞。をプロデュース』

2012|演出・構成:松江哲明|音楽:山口美甘子|撮影:加賀賢三、梅澤嘉朗、しまだゆきやす|製作:Tip Top|制作協力:イメージリングス、SPOTTED PRODUCTIONS|HD|カラー|86分

出演:加賀賢三、梅澤嘉朗、カンパニー松尾、峯田和伸、まさみさん(仮)、加賀の友人たち、AV女優Rちゃん、かつて梅澤君との交際を断った大木さん、梅澤家の人々、映画制作宣伝ナヲイさん

社会派一点張りだったドキュメンタリーとは一線を画す、娯楽的要素の強い個性派ドキュメンタリーが市民権を得るようになった近年。在日韓国人という家族のルーツをあくまで個人的な目線で描いた『あんにょんキムチ』や、同じく在日のAV女優、AV男優の現実をエロと笑いに包んで描いた『セキ☆ララ』といった劇場公開作品で一作ごとに話題を集めるドキュメンタリー作家・松江哲明が今回選んだテーマはズバリ“童貞”!いまや童貞問題は若者たちにとって深刻な社会問題ともなっている。引きこもり、ニート、オタク…すべては密接にリンケージし、彼らは恋愛すらまっとうに体験することができない。このままでは日本が危ない!と、一歩間違えれば自分も引きこもりのオタクになっていたかもしれない松江哲明が、オタク男たちを叱咤し、おせっかいにも“童貞脱出への道”をプロデュースしてみせた、愛と勇気と感動のドキュメンタリーである。(文:しまだゆきやす)