TOP   ⁄  LINE UP

幕が下りたら会いましょう(2021)


『幕が下りたら会いましょう』


11月、新宿武蔵野館ほか全国順次公開決定!

本作はのあらすじは、実家の美容室を手伝いながら劇団50%を主宰する売れない劇作家・斎藤麻奈美が、東京で働いていた妹・尚の死を知るというもの。長編映画初挑戦となる前田聖来がメガホンを取り、大野大輔と共に脚本を手掛けた。

斎藤麻奈美役で主演を務めるのは松井玲奈。松井は脚本の段階から何度も前田監督と話し合いを重ねたという。麻奈美の妹・尚役を筧美和子、麻奈美の母・京子役をしゅはまはるみが演じるほか、日高七海、江野沢愛美、木口健太、大塚萌香、目次立樹、安倍乙、亀田侑樹、山中志歩、田中爽一郎、hibiki(lol-エルオーエル-)、篠原悠伸、里内伽奈、濱田のり子、藤田秀世、出口亜梨沙、丘みどり、袴田吉彦がキャストに名を連ねる。主題歌はJamFlavor“CRY~戻りたい夜を~”。

→|公式サイト

松井玲奈 筧美和子 しゅはまはるみ 日高七海 
江野沢愛美 木口健太 大塚萌香(新人) 目次立樹
安倍乙 亀田侑樹 山中志歩 田中爽一郎
hibiki(lol-エルオーエル-) 篠原悠伸 大高洋子 里内伽奈 
濱田のり子 藤田秀世 出口亜梨沙 
丘みどり(友情出演) / 袴田吉彦

監督:前田聖来|脚本:大野大輔、前田聖来|主題歌:JamFlavor|撮影:春木康輔|照明:本間光平|録音:吉方淳二|美術・メインビジュアル:柴崎まどか|スタイリスト:小宮山芽以|ヘアメイク:安藤メイ|編集:小西智香|脚本協力:川原杏奈|劇中戯曲:愛里|振付:櫻井香純|エグゼクティヴ・プロデューサー:高木雅共|プロデューサー:猪野秀碧、岡田康弘、細見将志、田中佐知彦|企画:直井卓俊|製作・宣伝:エイベックス・エンタテインメント|制作協力:Ippo|配給:SPOTTED PRODUCTIONS

協賛企業:オニツカタイガー、スギ薬局、佐藤製薬、MKタクシー、アパマンショップ、アイセイ、RAVIJOUR、オークローンマーケティング、AcureZ、C&G銀座クリニック、日成アドバンス、アイ・トラスト、メイフラワー、パームインターナショナル