TOP   ⁄  LINE UP

迷子になった拳(2020)

3.26(金)-ホワイトシネクイントほか全国順次公開

公式サイト:http://lostfist.com

『迷子になった拳』

出演:出演:金子大輝、渡慶次幸平、ソー・ゴー・ムドー、ロクク・ダリル、浜本”キャット”雄大 ほか

監督:今田哲史|撮影:今田哲史、久保直樹、金田浩樹|編集:今田哲史、金田浩樹、戸部しおり、佐藤信子|整音:臼井勝|主題歌:LOST FIST BAND|音楽:GALAXIEDEAD、關洋平(NATURE DANGER GANG)、山村想(ex.どついたるねん)|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS|宣伝協力:MAP|(110min)|©︎「迷子になった拳」製作委員会


ミャンマー伝統格闘技”ラウェイ”の世界に飛び込み、もがき、奮闘する様々な人間模様。それを見つめる先に見えたものとはーーー。

僕が試合会場で必ず撮っていたのは、選手達がバンデージを巻く姿でした。選手は黙って拳を差し出し、セコンドはその拳を守る為に黙々とバンデージを巻いていく。対面しながら静かに行われるその行為は、とても神聖で尊く見えました。リングに上がるのは一人ですが、バンデージを巻くのもほどくのも一人ではできない作業です。選手達が一人で闘っている(生きている)のではないことの象徴に見えました。
人はなぜ闘うのか?――― 『迷子になった拳』には選手達、運営関係者、そして彼らの傍らで確かな存在感を放つ家族達が登場します。力強く懸命に生きるそれぞれの魂の有り様は、揺らぎ、戸惑いながらも未来に踏み出そうとする姿として映し出されています。その姿は格闘技の枠を超え、もがきながらも未来に進もうとする現代人の、生きる為のヒントになるのではと思っております。ーーー今田哲史「迷子になった拳」監督

スポーツドキュメンタリーの枠を超えたヒューマン・ドキュメンタリーの傑作、ここに爆誕!

 拳にはバンテージのみを巻き、通常格闘技の禁じ手がほとんど許される「地球上で最も危険な格闘技」と言われるミャンマーの伝統格闘技・ラウsェイ。その一方で、最後まで立っていれば“二人の勇者”として讃えられる神聖な「最も美しい格闘技」でもある。そんなラウェイに挑戦する日本人たちを通して、「人はなぜ戦うのか?」と言う答えの無い問いに挑んだのは「熊笹の遺言」(2004)の今田哲史監督。 2016年からラウェイに挑戦する選手や大会関係者を追う。そこにいたのは、体操選手の夢敗れた金子大輝や、出戻りの渡慶次幸平など、いわゆる“格闘技エリート”の姿はなく“迷子”の人々だった。高いミャンマーラウェイの壁に挑む彼らの頬に流れるのは、血か汗か涙か…?スポーツドキュメンタリーの枠を超えたヒューマン・ドキュメンタリーの傑作、ここに爆誕!

REDLINE -10th Anniversary-(2021)


『 REDLINE』(10周年記念上映)


2021.2.26(金)-UPLINK吉祥寺ほか全国順次公開!
※劇場情報ページからご確認ください。
http://spotted.jp/redline

(声の出演)
木村拓哉/蒼井優
我修院達也/岡田義徳/津田寛治/森下能幸/AKEMI
青野武/廣田行生/石塚運昇/三宅健太/石井康嗣/チョー/堀内賢雄
浅野忠信

監督:小池健 原作・脚本・音響監督:石井克人 
製作:二宮清隆 企画:丸山正雄 エグゼクティブプロデューサー:福島正浩 プロデューサー:吉田健太郎、小池由紀子 アソシエイトプロデューサー:木村大助
脚本:榎戸洋司、櫻井圭記 音響監督:清水洋史 音響効果:坂本典之 整音:丸井庸男 音楽:ジェイムス下地 
アニメーション制作:マッドハウス

支援:文化庁|提供:東北新社|配給協力:SPOTTED PRODUCTIONS|(c)2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス

常識を超えた<体感型>アニメーション誕生!

世界が認めたクリエイターたちが集結し、
今までの常識を覆す究極のアニメーション映画が誕生!

製作期間7年、作画枚数10万枚―。
CGが当たり前の時代にあえて手で描く事にこだわったアニメーション映画。

コンピューターでは計算できない「歪み」と「誤差」が生み出す『REDLINE』は全編ド肝を抜かれるパワフルな映像と、個性的なキャラクターが創り出す世界観、そして、ドラマチックな物語と魅力に満ちあふれている。

かつてカルチャーに熱狂した大人たちと、これからの未来を創造する若者たちへ贈る、全く新しい”刺激”それが<REDLINE>だ。

監督は『アニマトリックス ワールド・レコード』で、世界デビューを果たした小池健。「SmaSTATION!!」のショートアニメ”スマアニメ”や映画『PARTY7』や『茶の味』のアニメーション演出なども担当。その日本人離れしたビジュアルセンスは、「最も刺激的な映像を作るクリエイター」として世界中から評判を集めている。

原作は、『鮫肌男と桃尻女』で強烈なインパクトを残し、『PARTY7』『茶の味』でも評価の高いクリエイター、石井克人。彼の独特の世界観は、クエンティン・タランティーノも惚れ込み、『キル・ビル Vol.1』では、アニメパートを担当。

脚本は「フリクリ」「新世紀エヴァンゲリオン」の榎戸洋司、「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」の櫻井圭記が石井と手を組み共同開発し、圧倒的な世界観で、観るもの全てを魅了する。制作は『パプリカ』『時をかける少女』『サマーウォーズ』のマッドハウス。

また、このプロジェクトに賛同した、トップアーティストがボイスキャストとして参加!ドでかいリーゼントに革ジャンでクールに決めるが、実はとってもシャイなウルトラ純情野郎の主役JPに扮するのは、木村拓哉。夢を追いかける想いは誰にも負けない!実はJPの初恋の相手ソノシー役には、蒼井優。JPの幼馴染で天才メカニック、不本意ながらもJPを裏切る男フリスビーを演じるのは、浅野忠信。