TOP   ⁄  LINE UP

テロルンとルンルン(2018)

中之島映画祭グランプリ/愛媛国際映画祭 脚本賞/湖畔の映画祭 敢闘賞&助演女優賞(小野莉奈)など 国内外約50以上の映画祭にて受賞・招待上映

8.14(金)-八丁座、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開中

『テロルンとルンルン』

出演:岡山天音、小野莉奈、川上麻衣子、西尾まり、橘紗希、中川春樹

監督:宮川博至|脚本:川之上智子|プロデューサー:奥野友輝・三島徹|美術監督:部谷京子|撮影:亀井義紀|照明:太刀掛進|録音:YT|主題歌:日食なつこ「vapor」|エンディングテーマ:おとぎ話「少年少女」|製作:buzzCrow Inc.|配給・宣伝SPOTTED PRODUCTIONS|宣伝協力:MAP|カラー|16:9|5.1ch|​49分|©︎バズクロウ

本作は広島の中海を舞台に2018年に製作され、日本では10都市以上の映画祭で上映され、グランプリ、 最優秀短編映画賞や脚本賞など多くの賞を受賞し、世界でも40以上の映画祭にて上映され、社会や学校か ら孤立した二人の出会いと立ち直って行く姿に海外の観客からも多くの賞賛の声が集まった。 主演はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」や昨年のアカデミー賞最優秀作「新聞記者」にも出演し、多く の映画やドラマなどで活躍している岡山天音とTBSドラマ「中学聖日記」で注目を集め、6月には主演作 「アルプススタンドのはしの方」の公開を控える小野莉奈が努めている。 監督は、短編映画初監督作「あの夏、やさしい風」で高い評価を受け、本作が二作目となる宮川博至。 美術を多くの映画の美術を手掛け「Shall we ダンス?」、「誘拐」で日本アカデミー賞最優秀美術賞を二度受賞し、2016年に紫綬褒章を受賞した部谷京子が手掛けている。