TOP   ⁄  LINE UP

COMPLY+-ANCE(2020)


2020. 2.21(金)〜アップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷ほか全国順次公開!

出演:秋山ゆずき 平子祐希(アルコ&ピース)  斎藤工 大水洋介(ラバーガール)  曇天三男坊

企画・原案・脚本・監督:齊藤工|脚本:はしもとこうじ プロデュース|編集:清水康彦
制作プロダクション:イースト・ファクトリー|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
©EAST FACTORY INC.

「度を超えて加速し続ける”自主規制”の波に対し、”表現の不自由”と嘆くだけでは無く、寧ろそれを逆手にとって、その皮肉をふんだんに作品に込める。
秋山さん、平子さん、大水さん、曇天さん、才能溢れる方々と「スネークマンショー」的な表現を目指しました。これでも喰らえ!!」ーーー齊藤工(「COMPLY+-ANCE」企画・原案・脚本・監督)

出演:秋山ゆずき、平子祐希(アルコ&ピース) 、■■■、 大水洋介(ラバーガール)、古家祥吾(TC クラクション) 、華村あすか、中井友望、川島直人 、山元駿、半田美樹

企画・原案・写真・声・撮影・脚本・監督 齊藤工|
ゲスト監督:岩切一空、 飯塚貴士 and more!|音楽:狐火 GARI|
脚本:はしもとこうじ|プロデュース:小林有衣子|プロデュース・編集:清水康彦|制作プロダクション:イースト・ファクトリー|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS © EAST FACTORY INC.

自主規制、法令遵守
我々は規制によって社会を作っている。
その口をその自ら塞いで。

俳優、フィルムメーカー、モノクロ写真家としてマルチに活動する斎藤工。
国内外映画祭 8 冠受賞に輝き世界を席巻した初長編映画『balenk13』、ホラーアンソロジー『TATAMI』に続き、”齊藤工” 名義で再びメガホンをとり、企画・原案・撮影・脚本・監督ほかを務めた。

日々、度を超えて加速し続ける忖度やコンプライアンス問題。規制が無くとも問題が起こらないように”自主規制”し、 世界 180 カ国を調査する「報道の自由度ランキング」で 67 位とされる日本。その現状に対し、一石二石、いや百万石を 投じようと「日本においての表現限界」に挑戦した本作は、齊藤が声をかけ、その思いに共鳴した監督、アーティスト、 俳優、芸人が集結。”コンプライアンス“をテーマに、音楽、実写、人形アニメーションなどあらゆる視点と表現が放たれ た、類を見ない問題作が誕生した。

ゲスト監督に、齊藤が天才と称賛し、『花に嵐』『聖なるもの』で PFF アワード 2016 準グランプリ、日本映画監督協 会新人賞受賞の鬼才・岩切一空、監督・脚本・美術・声までほぼ 1 人で手がける人形アニメーション作家・飯塚貴士ほか。

出演は、齊藤組主演に、『カメラを止めるな!』ヒロイン・秋山ゆずき。 実力派芸人アルコ&ピースの平子祐、『blank13』 にも出演したオンリーワンの個性を放つラバーガールの大水洋介、元・曇天三男坊の TC クラクション・古家祥吾が脇を固める。岩切組に、華村あすか(TV ドラマ「宮本から、君へ」)、中井友望(ミス iD2019 グランプリ)、半田美樹(『聖なるもの』『サクリファイス』)、山元駿(『聖なるもの』)、川島直人(映画監督/『高崎グラフィティ』)など若手新進俳優が集結。

音楽は、齋藤が「ポエトリーリーディングと言う、最も日本的、詩的な表現で、日本の現実と未来の雄叫びを突き付けて下さった」、唯一無二のリリックを操る孤高のラッパー・狐火、「遠縁からの近縁と言う、怒涛の関係地、関係血の中、 多大なる理解、そして最高の楽曲を奏で下さった」と称賛する、国内外で活躍するデジタル・エレクトロ・ロックバンド GARI 。

スネークマンショー」の影響を受け、近い未来の放送業界・映画界を危惧して、あえてタブーに切れ込んだ圧倒的な濃度の問題作を目撃ください!