TOP   ⁄  LINE UP

さよなら、ミオちゃん(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【短編部門】正式出品作品

『さよなら、ミオちゃん』

出演:夜道雪、黒田勇樹、椿隆之、九十九レイナ、リンノスケ、さよならミオちゃん

■監督・構成・編集:荒木洋航|劇伴:塚原義弘|詩:文月悠光|プロデューサー・クリエイティブディレクター: 道上寿人|助監督:橋本綾乃|脚本:井上悠介|撮影監督:大川原諒|撮影:高橋一希、道上寿人|録音:三上晋太郎|MA:井口勇|制作担当:櫻井天真、瀧川楓|特撮ヒーロー監修:あにすけ|minomushi_filmsアドバイザー:大室昌也|カラー|STEREO|30min(予定)

札幌の映像作家・荒木洋航×新進気鋭のロックバンド”さよならミオちゃん”、美少女Youtuber・夜道雪、ダンサ=九十九レイナ、詩人・文月悠光など札幌のクリエイターたちが参戦の狂騒的な一夜の物語。

◉荒木洋航(あらき・ひろき)

札幌在住。高校生時代から映像を制作し、2012年にNHK全国放送コンテストにて全国大会制作奨励賞受賞。2016年、札幌初の国際学生映画祭 「試される映画祭」を主催。日々、かっこいい映像とは何かを考えているが、答えは見つかっていない。

◉さよならミオちゃん

2014 年夏、札幌で結成。「全方位型エンターテイメント集団」と名乗り、米軍基地で米兵相 手にライブを重ね、電流鉄骨渡り、自らの血液を賭けた麻雀など数多の死闘を乗り越え 2017 年現編成に至る。「キュウソネコカミ」の次に来ると、プロデューサに目を付けられ、テレビ 出演など経験し現在徐々に全国侵略中。7月8日からさよならミオちゃん全国侵略化ツアーと 題して初めてのツアーを行う。