TOP   ⁄  LINE UP

普通は走り出す(2018)


MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『普通は走り出す』

出演:渡辺紘文、萩原みのり、古賀哉子、加藤才紀子 、ほのか、黒崎宇則、永井ちひろ、久次璃子、平山ミサオ、松本まりか

監督・脚本:渡辺紘文|主題歌/劇中歌 トリプルファイヤー|撮影監督:方又玹|音楽監督:渡辺雄司|企画:直井卓俊|モノクロ|STEREO|100min(予定)

東京国際映画祭を始め、海外の映画祭に多数出品してきた渡辺紘文監督が奇才・吉田靖直率いるトリプルファイヤーの楽曲から着想を得て作り上げた、映画制作に悩み苦しみ毒を吐き続ける映画監督の日常。古賀哉子、萩原みのり、松本まりかなど美しき女優陣にもご注目。

◎渡辺紘文(わたなべ・ひろぶみ)

1982年栃木県生まれ。2013年、実弟の映画音楽家・渡辺雄司とともに映画制作集団大田原愚豚舎を旗揚げ。『そして泥船はゆく』(13)『七日』(15)『プールサイドマン』(16)『地球はお祭り騒ぎ』(17)がデビュー以来4作連続で東京国際映画祭に出品されるなど国内外で高い評価を獲得している。

◎トリプルファイヤー

吉田靖直(Vo)、鳥居真道(Gu)、山本慶幸(Ba)、大垣翔(Dr)で結成。今までに4枚のアルバムを発表。「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

青のハスより(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『青のハスより』

出演:栗原類、大友律、渡辺佑太朗、The Wisely Brothers、清水くるみ

監督・脚本:荻島健斗|撮影:米倉伸|録音:菅原彩花|照明:藤井光咲|プロデューサー:松川隼人|企画:直井卓俊|カラー|5.1ch|81min

人気スリーピースバンド・The Wisely Brothersのライブツアーを追ったドキュメントパートと栗原類、大友律、渡辺佑太朗らが演じる若き映像作家の物語が交錯する。ファムファタール的な存在のヒロインを実力派女優・清水くるみが務める。

◎荻島健斗(おぎしま・けんと)

1992年生まれ、京都造形芸術大学卒。卒業制作『ロケーション・ハンティング』が映画学科優秀賞を受賞。イメージフォーラム主催のヤングパースペクティヴ2015にも選出され、高い評価を受ける。本作が初の長編作品となる。

◎The Wisely Brothers(ワイズリー・ブラザーズ)

都内高校の軽音楽部にて結成。真舘晴子(Gt.Vo)、和久利泉 (Ba.Cho)、渡辺朱音(Dr.Cho)からなるオルタナティブかつナチュラルなサウンドを基調とし会話をするようにライブをするスリーピースバンド。2018年2月キャリア初となる1st full album「YAK」発売。SUMMER SONIC 2018出演。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

松永天馬殺人事件(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『松永天馬殺人事件』

出演:松永天馬、冨手麻妙

監督・脚本・劇中歌:松永天馬|監督補:ALi(anttkc)|企画:直井卓俊|プロデューサー:松永天馬、ALi(anttkc)|アソシエイト・プロデューサー:上野遼平|撮影監督:ALi(anttkc)|撮影:小畑智寛|録音:岡本彗夢、浅井隆|美術:ALi(anttkc)、吉田健児|録音協力:柳田耕祐|制作協力:小峰克彦|制作応援:柳川礼子、大塚安希、三角由紀乃|メイキング・スチール:吉田健児|カラー/モノクロ|STEREO|60分(予定)

松永天馬を殺した犯人 Aとは一体誰なのか?犯人を追う探偵・冨手麻妙だったが捜査は混迷を極めていき…。鬼才・松永天馬が監督・脚本・出演・編集・音楽全てを手がける奇怪な「映画」にまつわる物語は、次第に迷宮入りしていき、前代未聞のラストを迎える…!

◉松永天馬(まつなが・てんま)

1982年東京生。音楽家にして作家にしてときどき俳優。”トラウマテクノポップ”バンド・アーバンギャルドのヴォーカルとしてデビュー。2017年、よりディープな詩世界、”男性”性に踏み込んだキャリア初のソロアルバム『松永天馬』をリリース。俳優活動と並行して自身も映像を監督、脚本、出演とこなす。初監督作品「血、精液、そして死」は自主映画の祭典「MOOSIC LAB 2017」の招待作品となる。また自身ソロやバンドのMVディレクターも多数担当。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

無限ファンデーション(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『無限ファンデーション』

出演:南沙良、西山小雨、原菜乃華、小野花梨、近藤笑菜、日高七海、池田朱那、佐藤蓮、嶺豪一、片岡礼子

監督:大崎 章|音楽・主題歌:西山小雨|撮影:猪本雅三|照明:松隈信一|サウンドデザイン:伊藤裕規|企画:直井卓俊|プロデューサー:越川道夫|助監督:張元香織|コンセプトデザイン:宮本茉莉|ヘアメイク:浅井美智恵|企画協力:Breath|協力:高崎フィルムコミッション、玉村町|カラー|5.1ch|102min

前作「お盆の弟」でヨコハマ映画祭4冠を受賞したベテラン・大崎章監督が、主演に「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の南沙良、共演に原菜乃華(「はらはらなのか。」)小野花梨(「SUNNY 強い気持ち・強い愛」)らを迎え、全編即興芝居で綴られた青春映画の傑作!

◉大崎章(おおさき・あきら)

1961年・群馬県生まれ。『ソナチネ』(北野武監督)『2/デュオ』(諏訪敦彦監督)などで助監督、『リンダ リンダ リンダ』(山下敦弘監督)では監督補を務める。『キャッチボール屋』で監督デビュー。次作『お盆の弟』がヨコハマ映画祭で4冠に輝いた。

◉西山小雨(にしやま・こさめ)

ピアノ・ウクレレ弾き語りSSW。17イチナナで配信中。nightmeal、笹口騒音オーケストラなどにも参加。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

月極オトコトモダチ(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品/第31回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門正式出品作品

『月極オトコトモダチ』

徳永えり、橋本淳、芦那すみれ、野崎智子、山田佳奈(□字ック)ほか

監督・脚本:穐山茉由|音楽:BOMI、入江陽|撮影:中瀬慧|照明:秋山恵二郎|録音:戸根広太郎|編集:小出豊|助監督:登り山智志、市川昂一郎|制作:地良田浩之|ヘアメイク:菅原美和子|衣裳:工藤 祐司|企画:直井卓俊|共同プロデューサー:永野貴将|カラー|STEREO|78min

ひょんなことから出会ったアラサー女性編集者とレンタル男友達。果たして男女の友情は成立するのか?同居人のミュージシャンも巻き込んで物語は思わぬ方向へ…。前作が田辺・弁慶映画祭に入選の穐山監督が恋愛未満友情以上で悩める男女を等身大の眼差しで見つめた一作。

◉穐山茉由(あきやま・まゆ)

1982年生まれ。東京都出身。ファッション業界で会社員として働きながら、30代はやりたいことやろうと思い立ち映画美学校で映画制作を学ぶ。監督作『ギャルソンヌ -2つの性を持つ女-』が第11回 田辺・弁慶映画祭2017入選。本作が長編デビュー作品となる。

◉BOMI(ボーミ)

2012年メジャーデビュー。リリースを重ね、2015年にはサマソニ、ロックインジャパンなど夏フェスにも出演。最新アルバム『AB』は自身を深く掘り下げた意欲作となり、劇団の役者たちとアルバムをフィーチャーしたライブも大成功を収めている。

◉入江陽(いりえ・よう)

1987年生まれ。シンガーソングライター。近況:映画「最低。」(瀬々敬久監督)の音楽を制作。さとうもかのアルバム「Lukewarm」をプロデュース。雑誌「装苑」にて配信番組についてのコラムを連載中。自身の4thアルバム「FISH」発売中。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

いつか輝いていた彼女は(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『いつか輝いていた彼女は』

出演:小倉青、mahocato・やすだちひろ・KJ(MINT mate box)、里内加奈、日高七海、柳澤果那、日高陽菜子、野仲美穂、東吾優希、近永知里、柿沼美保、藤井咲彩、宮下絵美、谷川雛多、望月紗依、有泉愛衣、勝又啓太、十夢

監督・ 脚本・編集:前田聖来|劇中歌: MINT mate box|監督補・音楽:鯨岡弘識|助監督:岩瀬航、山本航平|撮影:原山星舟|録音:中尾功俊、岩瀬航|照明:島田翔、上田勇熙、稲生賢哉、岩瀬航|制作:ユ・ウンビ、野仲美穂|ギター指導:門野悠帆|カラー|スタンダード|35min

主題歌・出演に人気急上昇中のバンド”MINT mate box”×女優出身の新鋭監督・前田聖来のコラボで描く、女子高生たちの夢と嫉妬を切り取ったビターテイストな青春群像。ミスiDの小倉青主演を主演に迎え、女心の表と裏を軽快な会話劇で紡いでいく。

◉前田聖来

1996年生まれ。2010年から女優として活動。TVドラマやバラエティ、映画などで活躍した後、女優業を引退。「さわる」「朝にかえる」などの短編映画を監督し、映画製作を始める。現在は社会人1年目。

◉MINT mate box

2016年、mahocato (Vo)とやすだちひろ (Ba)、Kj (Gt) を中心に 東京で結成。同年夏、サウンドプロデューサーとして元”ふぇのたす”のヤマモトショウを迎えて楽曲制作を開始。ファッションデザイナーとしても活躍する”やすだちひろ” を筆頭に各方面 から注目が集まっている。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

左様なら(2018)




MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

>>>クラウドファンディング実施中!

『左様なら』

出演:芋生悠、祷キララ、平井亜門、日高七海、夏目志乃、白戸達也、石川瑠華、大原海輝、加藤才紀子、武内おと、森タクト、安倍乙、栗林藍希、田辺歩、武田一馬、田中爽一郎、本田拓海、高橋あゆみ ほか、柴田梨奈、近藤笑菜、塩田倭聖、高橋慎之介、こだまたいち、籾木芳仁、小沢まゆ|原作:ごめん|スチール:柴崎まどか

監督・脚本:石橋夕帆|原作:ごめん|撮影監督:萩原脩|録音:柳田耕佑|録音助手:浅井隆、岸本拓之|照明:中島浩一|助監督:田中麻子、泉志乃|美術:中村哲太郎|ヘアメイク:ほんだなお、藤原玲子、夢月、安藤メイ、渡部眞矢|スタイリスト:髙橋晴香|スチール:柴崎まどか|メイキング:岩崎高雄|車輌:小松豊生、中川駿、石橋和夫|ロケ協力:青木康至|編集:小笠原風|企画:直井卓俊|カラー|STEREO|80min(予定)

田辺・弁慶映画祭他多数の映画祭に入選している石橋夕帆がWEB上でカリスマ的な人気を誇る漫画家ごめんの原作を芋生悠、祷キララら注目の若手女優陣をW主演に迎えて映画化。音楽はシンガーソングライター佐野千明とアイドルユニット”・・・・・・・・・”の共作。

◎石橋夕帆(いしばし・ゆうほ)

2014年に制作された『ぼくらのさいご』が田辺・弁慶映画祭にて映画.com賞を受賞した他、複数の映画祭にノミネート。『水面は遥か遠く』がSHORT SHORT FILM FESTIVAL & ASIA 2017 >ミュージックショート部門奨励賞を受賞。

◉・・・・・・・・・

シューゲイザーを中心に、80年代パンクのカバー、ノイズなどの楽曲で歌い踊るアイドルグループ。メンバーはサングラスのようなもので顔が隠れており、名前も全員・。人それぞれ「ドッツ」や「ドッツトーキョー」「てんちゃん」などと呼んでいる。

◉佐野千明

静岡県出身。高校生の時から「乍東十四雄」「昆虫キッズ」などのバンドのライブやレコーディングに参加し、謎の女子高生と噂される。石橋夕帆監督『ぼくらのさいご』の主題歌・サウンドトラックも手がけている。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

満月の夜には思い出して(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『満月の夜には思い出して』

出演:時吉襟加 竹内ももこ 野島健矢 進藤智美 大槻美奈 木村知貴

監督・脚本・編集 川北ゆめき|音楽・劇中歌:大槻美奈|撮影:近藤実佐輝|録音:浅野就将|スチール:飯田エリカ|製作:中央大学映画研究会|助監督:山下知夏|企画:直井卓俊|カラー|STEREO|75min

カナザワ映画祭、TAMA NEW WAVEなどに入選の若手監督・川北ゆめきが、自身が惚れ込んだ天才シンガーソングライター・大槻美奈の楽曲を元に紡ぐ映画研究会の儚い青春群像でMOOSIC LAB参戦!随所に織り込まれる大槻の演奏シーンは圧巻。

◎川北ゆめき(かわきた・ゆめき)

1994年生まれ。中央大学映画研究会出身。
前作「変わらないで。百日草」では大槻美奈の「オト」をテーマソングに使用しカナザワ映画祭やTAMA NEW WAVEほか多くの映画祭で入選、上映。それ以来彼女に求婚し続けているが何故か実らない。

◉大槻美奈(おおつき・みな)

京都府舞鶴市出身。京都を拠点に活動する22歳の音楽家。2015年活動開始。柔軟でダイナミックなピアノ、カラフルでポップな歌詞、力強く伸びやかな歌声。言葉に思いを乗せた叙情的な歌世界は聴くものを魅了する。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

暁闇(2018)



MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『暁闇』

出演:中尾有伽、青木柚、越後はる香、若杉凩、加藤才紀子、小泉紗希、新井秀幸、折笠慎也、卯ノ原圭吾、石本径代、芦原健介、水橋研二

監督・脚本・編集 阿部はりか|音楽:LOWPOPLTD.|撮影:平見優子|助監督:菅沼絵美|制作担当:伊藤希紗|照明:山口峰寛|録音:浅井隆。五十嵐猛吏|衣裳:藤井澪|ヘアメイク:田村友香里|スチール:飯田エリカ|企画:直井卓俊|カラー|STEREO|65min(予定)

本作が初めての監督となる阿部はりかが謎めいたミュージシャン・LOWPOPLTD.の楽曲からインスパイアを受け、中尾有伽、青木柚、越後はる香らフレッシュな俳優陣たちと作り上げるダークでセンチメンタルな青春映画。

◉阿部はりか

1995年生まれ。演劇ユニット「はりか」を主宰し、全ての脚本と演出を担当。 本作が映画初監督となる。

◉LOWPOPLTD.

2016年8月16日から活動中。64MIND所属。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!

書くが、まま(2018)


MOOSIC LAB 2018 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『書くが、まま』

出演:中村守里、長谷川葉生、渡邉空美、梅田 凜乃、松原瑚春、大根田良樹、富岡英里子

監督:上村奈帆|音楽・劇中歌:SWANKY DOGS|企画:直井卓俊|プロデューサー:林健太郎|撮影:野口高遠|照明:瀬戸詩織|録音:横田彰文|美術:寺尾淳|衣装:萬行優|ヘアメイク:太田翔子|助監督:長谷川卓也|制作:佐直輝尚|スチール:飯田愛|MA:佐藤こうじ(Sugar Sound)|カラー|ステレオ|77分

主演にラストアイドルから派生したユニット”LoveCocchi”の中村守里、音楽に盛岡のロックバンド”SWANKY DOGS”という異色の組み合わせを率いた上村監督が熱量たっぷりに描くストレートな青春。MOOSIC LAB初の盛岡ロケも敢行!

◉上村奈帆(かみむら・なほ)

自主映画「蒼のざらざら」を監督脚本後、ドラマ「&美少女 NEXT GIRL meets Tokyo」第2話「下高井戸×PM5:20」(古厩智之監督)や、映画「ばぁちゃんロード」(篠原哲雄監督)などの脚本を執筆。‬

◉SWANKY DOGS

岩手県出身の3ピースロックバンド。数々のアーティストと共演しライブバンドとして力をつける。年間約100本に及ぶ全国ツアーや、各地のフェスやイベントにも出演、ライブを軸に活動の幅を広げる。2017年、ミニアルバム「イデア」をリリース。

2018年11月、K’s cinemaで開催の「MOOSIC LAB 2018」にて上映予定!