TOP   ⁄  LINE UP

KILLER TUNE RADIO(2017)



MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】公式出品作品

『KILLER TUNE RADIO』

出演:兼田いぶき、小川ゲン、モラル、宮井浩行、川籠石駿平、堀春菜 ほか

監督・脚本・編集 : 柴野太朗|音楽・録音 : 井上 湧|撮影 ・照明 : 北川 弦己|企画:直井卓俊|カラー|ステレオ|90分(予定)

第9回田辺・弁慶映画祭グランプリ作品「モラトリアム・カットアップ」の監督・柴野太朗と、同作の主題歌や劇伴音楽のほか、録音・音響スタッフも手がけるミュージシャン・井上湧(Churchill)が今作でもタッグを組み、初の長編映画を制作。小さなラジオ局を舞台に、番組でかける「キラーチューン」を探すゆかり(兼田いぶき)と小山(小川ゲン)。怒涛の高速編集と組み上がる楽曲。ツメを折った思い出を巻き戻す、まさに実験的音楽映画(MOOSIC LAB)。

◉柴野太朗

2015年、監督作「モラトリアム・カットアップ」が第9回田辺・弁慶映画祭にてグランプリを受賞。翌2016年6月にテアトル新宿にて開催された、映画×演劇×音楽の複合イベント「モラトリアム・カットアップ・ショーケース」 を企画・プロデュース。映画という枠にとらわれず、新しい文化を生み出すべく創作活動を続けている。

◉井上湧(Churchill)

1992年、東京都出身。ソロユニット「Churchill」として活動する傍ら、劇伴制作や映画音響にも携わる。時代を牽引する技術を咀嚼し、誰しもが聴ける楽曲に落とし込みながら、絵画経験に根ざした鮮彩さで独自の彩色を施す。

Groovy(2017)



MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】審査員特別賞・最優秀男優賞(今泉力哉)

『Groovy』

出演:今泉力哉、しじみ、吐山ゆん(破れタイツ)、谷口恵太、石倉直実、新谷惇泰

監督・脚本・撮影:吉川鮎太|劇中曲:ベントラーカオル「MICHA」|撮影:米倉伸、清田洋介|照明:杉村航|録音:村原孝麿|美術:武藤夏美|助監督:金山豊大|制作:中谷天斗|企画:直井卓俊|カラー|ステレオ|70分(予定)

自殺大国日本、この国は1日に約100人もの人が自殺している。 音楽研究家の神崎(今泉力哉)はこの問題を重く捉えていた。 自殺を目前とした人に、もう一度だけ自分に向き合う力、意思を与えたい。 その方法が音楽を聴かせることではないかと考えた。 自殺を止める音楽を作るために神崎は研究を重ねていく。 音楽を完成させるためならどんな手段も厭わない。 なぜそこまで自殺にこだわるのか、それにはある理由があった…。

◉吉川鮎太

京都造形芸術大学映画学科卒。学生時代に監督した「DRILL AND MESSY」がPFFアワード2016でエンタテイメント・ホリプロ賞を受賞。大学卒業後東京で一人暮らしを始め、現在会社員。

◉ベントラーカオル(from クウチュウ戦)

楽器演奏家/作曲家。ロックバンド【クウチュウ戦】キーボーディスト。また、ソロ・アーティストとしても活動する他、【あらかじめ決められた恋人たちへ】など多数のプロジェクトに参加。映画の世界では今作「Groovy」が初の音楽担当作品となる。

少女邂逅(2017)



香港国際映画祭・上海国際映画祭正式出品作品/MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】観客賞

『少女邂逅』

出演:保紫萌香、モトーラ世理奈、松浦祐也、松澤匠 ほか

監督・脚本・編集:枝優花|音楽:水本夏絵|撮影:平見優子|スチール:秋山大峰|企画:直井卓俊|カラー|ステレオ|90分(予定)

いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ。自己主張もできず、リストカットをする勇気もない。そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬」と名付け、こっそり大切に飼っていた。しかしある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。ミユリは生きる希望を失ってしまう。そんなときに「紬」という名前の少女が転校してくる。ひょっとしたら彼女は…ミユリは淡い期待を抱くが…。

◉枝優花

1994年3月2日生まれ。高崎市出身。監督作『さよならスピカ』(2013年)が第26回早稲田映画まつり観客賞、審査員特 別賞を受賞。現在は、映画『オーバーフェンス』の特典映像撮影や、映画『太陽を掴め』メイキングなど様々な現場に携わっている。

◉水本夏絵

現在活動休止中のシンガーソングライター。2012年「転校生」名義でデビュー。能年玲奈、夢眠ねむ、キリンジらが「今一番好きなアーティスト」に名を挙げ、映画「暗闇から手をのばせ」主題歌を担当。2013年、たった1年の活動と1枚のアルバムだけを残して、無期限の活動休止を発表。

; the eternal/spring(2017)

『; the eternal/spring』

出演:芋生悠、中山のえる、志塚茉里乃

監督・脚本:児山拓大|音楽:芋生悠( as e-mou. )|撮影:倉持治|照明:市川朋樹、鈴木聖都、佐久間周平|録音:鰐川翔伍|メイク:本田菜央|スチール:松本頼 | 広報:菅沼絵美|助監督:大西志歩、芳仲康輔|カラー|ステレオ|15分

初春、都内スタジオ。Gt./Vo.芋生悠はメンバーを招集していた。彼女は二人に、初となる音源の正式リリース日程が決まったことを告げる。楽曲に俳優としての自身をどこまで反映するのか、自分とその一部となりつつある「演じる」という行為の分断に苦悩する彼女。結成から3枚のシングル完成に至るまで、彼女たちの製作風景に密着した’現在進行形’ドキュメンタリー。

◉児山拓大

1994年生まれ。中学の頃から映像制作を始め、監督作『おみまいもうしあげます。』(2013)は第26回早稲田映画まつり新人賞受賞、翌年第27回映画まつりでも『シャイニング・カムズウィズ・ビリーヴィング』(2014)が本選出場。現在は一年のヨーロッパ滞在を経て帰国、大学に在籍し言語学を専攻する傍ら自主映画制作に携わっている。

◉e-mou.

芋生悠(1996年-)による別名義。2014『JUNON Girls CONTEST』ファイナリスト選出、ゆうばりIFF2017にて主演作が受賞、SHISHAMOワンマン映像内に出演する等、多方面で活躍中の彼女による自身初のバンドでの名義となる。独特のゆるゆるリリックと、白昼夢のような曖昧サウンドの融合は必聴。moosic lab2017との連動企画による、3シングル連続リリースを予定。http://eternalspring.strikingly.com/

デゾレ(2017)



MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】審査員特別賞・ベストミュージシャン賞(円庭鈴子)・女優賞(葉媚)

『デゾレ』

出演:葉媚・円庭鈴子・村田唯

監督・脚本・編集:村田唯|音楽:円庭鈴子|撮影:木村和平|照明:沼田真隆|録音:柳田耕佑|カラー|ステレオ|

あきと伊鈴(イーリン)は穏やかな場所で一緒に生活をしていた。伊鈴は、あきの日常を絵に描くのが日課だった。元気のないあきを見つめ不安になる伊鈴。今日はあきと一緒に音楽ユニットを組んでいたナツノが最後にやってくる
日だ…。

◉村田唯

役者・監督。出演作『退屈な日々にさようならを』初監督作『密かな吐息』(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、
田辺弁慶映画祭出品&2016年シネマート新宿にて劇場公開)

◉円庭鈴子

ギターとカシオトーン、ルーパー等を使って季節や自然のこと、家族や生きる不思議のことなど色んな曲を作って歌ったり宅録をしたりする。風の谷のナウシカに憧れているA型乙女座長女の大分生まれ福岡育ち東京在住のSSW。心を開くとひょうきんになる。

ねえこの凹にハマる音をちょうだい(2017)



MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】ミュージシャン賞(伊藤ヨタロウ)・女優賞(伊藤修子)

『ねえこの凹にハマる音をちょうだい』

出演:伊藤修子、伊藤ヨタロウ、長井短、井深克彦、原田優一、大堀こういち ほか

監督・脚本:加藤啓|音楽:伊藤ヨタロウ|撮影:高良真秀|編集:高良真秀|録音:佐藤光|MA:北川ただし|企画:直井卓俊|カラー|ステレオ|90分(予定)

文子は、繭と朋とシェアハウスで暮らしている。口下手な文子は、こっそり詩をしたためることで日々をやり過ごしている。ある日、繭の父親の現がシェアハウスにやってくる。自由に振る舞い、歌うように自分を表現する彼に心奪われる文子。文子が自分の気持ちに気付いた頃、現が失踪する。

◉加藤啓

1974年愛知県出身。94年劇団拙者ムニエルに旗揚げより参加。以降、看板役者として全作品に出演。俳優以外にコントユニットでの活動や、展覧会を開くなど幅広く活動している。今作は、「晴樹のサンダルが脱げそう」に続き2作目になる。

◉伊藤ヨタロウ

80年代からメトロファルスのフロントマンとしてバンド活動、2000年の松尾スズキ作・演のミュージカル『キレイ』を皮切りに、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、蜷川幸雄、コクーン歌舞伎などの舞台音楽、俳優としても『ファントム』など主に舞台で活躍している。