TOP   ⁄  WORKS

GOMESS/”Fake” (映画「Heavy Shabby Girl」劇中歌)-MV EDIT-

大森靖子/公式サイト

GOMESS/”Fake” (映画「Heavy Shabby Girl」劇中歌)-MV EDIT-

出演:黒宮れい

監督:東佳苗(縷縷夢兎)/編集:田山百華/アソシエイト・プロデューサー:直井卓俊­(SPOTTED PRODUCTIONS)/映像提供:シブカル祭。実行委員会(東佳苗監督『Heav­y Shabby Girl』より)/協力:酒井麻衣、汐田海平、チャーム

—————————————-­—-
作詞 GOMESS
作曲 サクライケンタ
—————————————-­—-

「これは他者を表現しようとしたGOMESSの新しい試みだ。」
アルバム「あい」「し」とはGOMESS自身をテーマに歌った連作となっており 今回の「情景」では今作に参加した表現者たち自身の生き様をテーマに生まれた楽曲たち­で構成されて いる。
またシブカル映画祭でも話題になった映画「Heavy Shabby Girl」(東佳苗監督) の挿入歌として書き下ろした「Fake」も収録。サクライケンタのピアノと 囁くGOMESSのリーディングはとても印象的だ。
また秋に「情景 -後篇-」のリリースも予定しており、GOMESSのまた違った一面が見れる作品集と­なっている。

「彼と彼に関わる様々な才人たちによる表現を通してのコミュニケーションが面白い。 本編サードアルバムが出るまで、GOMESSの様々な変化や成長を感じて欲しい。 by Paranel」

—————————————-­—-

GOMESS/プロフィール

1994年生まれ、静岡出身。第二回高校生ラップ選手権準優勝。自閉症と共に生きるラ­ッパーとして注目 を集め自身について歌った 「人間失格」「LIFE」の迫る言葉と彼の生き様に表現者として各所に評価される。また彼の詩が文学的にも優れていることや中原中也の朗読カバー「盲目の秋」が中原中也­記念館でも楽曲展示されポエトリーリーディングとしても才能を発揮する。 2015年に民謡を唄う朝倉さやとGOMESSのコラボ楽曲「River Boat Song」収録のアルバム「River Boat Song-Future Trax-」が 第57回日本レコード大賞企画賞を受賞。ジャンルを超えた数多くのアーティストとのセ­ッションや客演を多くこなし今年、シンガーソングライター mikichu*(ex : みきちゅ)とのユニット「littleAct」も結成。無尽蔵に広が る表現者同士の交流やクリエイションGOMESSは「カルチャー」として確立し始めている。