TOP   ⁄  LINE UP

百円の恋(2014)

第1回松田優作賞 グランプリ/第27回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 作品賞受賞作品

>>公式サイト

『百円の恋』

出演:安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、沖田裕樹、伊藤洋三郎、重松 収、吉村界人、松浦慎一郎、根岸季衣

監督 : 武 正晴|脚本 : 足立 紳|音楽 : 海田庄吾|主題歌:クリープハイプ『百八円の恋』|プロデューサー : 佐藤 現、平体雄二、狩野善則|撮影 : 西村博光|照明 : 常谷良男|製作:東映ビデオ|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、『イン・ザ・ヒーロー』の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。14年・第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。