TOP   ⁄  LINE UP

竜宮、暁のきみ(2013)

さぬき映画祭2013優秀企画作品

>>公式サイト

『竜宮、暁のきみ』

出演:石田法嗣、谷内里早、松本明子、西山浩司、小林ユウキチ、落合モトキ、金山一彦

監督・脚本:青木克齊|プロデューサー:澤井 克一|撮影監督:松本 貴之|美術:山本 裕|編集:飯田 一史|録音:星野 厚|スタイリスト:高橋 さやか|ヘアメイク:渡辺 順子|撮影補:吉田 真二|助監督:佐藤 洋輔|VFX:田村 健|効果・整音:松原 耕太|カラリスト:今西 正樹|協力プロデューサー:吉田 考志|キャスティング協力:空閑 由美子|製作協力:株式会社DECCI・CINEMA TRANSPORT|配給・宣伝:Construct film works|配給協力:SPOTTED PRODUCTIONS|特別協賛:富士産業株式会社|特別協力:香川県三豊市|94分

君に逢ふ夜は浦島が玉手箱あけて悔しき我が涙かな夜明けはいつかやってくる。一歩前へ踏み出すための新しい浦島太郎のものがたり。浦島伝説にちなんだ地名や遺跡などが数多く残されている荘内半島(三豊市詫間町)。海と山に囲まれた自然豊かなロケーションは、まさにおとぎ話の世界であり、幻想的な雰囲気とどこか懐かしい空気感を漂わせている。舞台の中心となった鴨の越の浜辺は、浦島太郎が亀を助けたと言われる場所で、その沖に浮かぶ小さな島には浦島神社がある。干潮になると海底の道が現れ、浦島神社へと歩いて渡ることができる。澄んだ空。碧い海。美しい砂浜。生命力溢れる緑。伝説の世界観と見事に溶け合って、現代版・浦島太郎の物語をゆっくりと盛り上げる。

ほったまる日和(2014)

MOOSIC LAB 2014 コンペティション部門参加作品

『ほったまる日和』

出演:柴田聡子、織田梨沙、小暮香帆、菅彩夏、後藤ゆう、矢吹唯

監督・脚本・編集・振付:吉開菜央|撮影:米山舞|照明:加藤大輝|録音:佐々木淳一|美術:加藤小雪|音楽:柴田聡子|写真:黑田菜月|プロデューサー:鈴木徳至、中村謙吾、汐田海平、山中羽衣|38分

さと子の家には、四人の踊り子が隠れ住んでいる。お互いのからだを愛で合いながら日々戯れて暮らす彼女たちは、ある日、風呂の中に住む美少女を発見して…。独創的な歌詞を紡ぐシンガーソングライター柴田聡子と、ダンサーであり映像作家の吉開菜央がタッグを組んだ、異色のガールズダンスムービー。

寝床より愛をこめて(2014)

MOOSIC LAB 2014 コンペティション部門参加作品

『寝床より愛をこめて』

出演:荒谷清水、内田春菊、たゆたう

監督・脚本:永野宗典(ヨーロッパ企画)|音楽:たゆたう|48分

ヨーロッパ企画の俳優であり、過去にはモーモールルギャバンMV「悲しみは地下鉄で」を手掛けた永野監督だが、今回はバイオリンとアコースティックギターの女性デュオ・たゆたうとのファンシーなコラボで新境地を目指す。キャストにベテラン俳優・荒谷清水、内田春菊らを迎え、円熟味溢れるアンサンブルで綴るナンセンス家族劇。

QOQ(2014)

MOOSIC LAB 2014 準グランプリ/最優秀男優賞(ケツ)

『QOQ』

出演:ケツ(ニッポンの社長)、馬と魚、坂元ゆうな

監督・脚本・録音:黒田将史|音楽・劇中歌:黒際連盟|撮影:宮本杜朗|編集:谷口恒平|63分

路上で演奏する冴えないフォークデュオのわたるとひろみ。ある日出会った一人の美女が彼らの歯車を徐々に狂わせ出していく…。したまちコメディ映画祭2013で史上最年少監督としてグランプリ&観客賞W受賞の超新鋭・黒田将史が謎のベールに包まれたバンド”黒際連盟”とのタッグでMOOSIC LABに挑む!

これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。(2014)

MOOSIC LAB 2014 コンペティション部門参加作品

『これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。』

出演:アカシック(理姫、奥脇達也、バンビ)、金谷タケオ(マネージャー)、劔樹人(アカシックプロデューサー)

監督・撮影:横山真哉、堀本裕也、北原和明、マスダ|編集:横山真哉、開保津章|50分

大学卒業後、何に対しても情熱を注ぐことが出来ない日々を送っていた横山はアカシックというバンドに出会い、彼らにカメラを向けていく中で葛藤と自責を繰り返し、ドキュメンタリー撮影を続行1人の作家が失われた情熱を爆発させていくセルフドキュメンタリーがここに誕生!

おばけ(2014)

MOOSIC LAB 2014 ミュージシャン賞(挫・人間)/女優賞(佐藤玲)

『おばけ』

出演:佐藤玲、佐藤亮、挫・人間、遠藤恭葉、川合智己、河内美里 、田中日奈子、佃眞唯、星野かよ

監督・脚本・編集:坂本悠花里|音楽・劇中歌:挫・人間|撮影:市來聖史|照明:加藤大輝|録音:木原広滋、白沢文晴|50分

衛星都市に住む少女・弥生は、電車に運ばれて学校に通うだけの毎日を送っている。そんな彼女は「挫・人間」と「ビデオカメラ」と「おばけ(男の子)」との出会い…。MOOSIC LAB 2013のオープニング映像を手がけた坂本悠花里×ロックンバンド”挫・人間”という異色のタッグで描く異色の青春映画!

遊びのあと(2014)

MOOSIC LAB 2014 コンペティション部門参加作品

『遊びのあと』

出演:GOMESS

監督・撮影・編集:太田達成|劇中歌:GOMESS

「俺が思う普通をみんながくつがえしてくるから。でももしかしたら、なんて考えてるだけ、で何も出来ない」京都国際学生映画祭2012グランプリ・太田達成が、10歳の頃に自閉症という病気を宣告されたラッパー・GOMESSのライブやレコーディング風景などにカメラを向け、その姿を見つめるドキュメンタリー作品!|50分

イルカ少女ダ、私ハ。(2014)

MOOSIC LAB 2014 女優賞(吉岡里帆)

『イルカ少女ダ、私ハ。』

出演:吉岡里帆、川上恵里(やまのいゆずる)、安保彩世、山口舞帝、山野井紀子

監督・脚本・編集・VFX:タイム涼介|音楽:やまのいゆずる|助監督 田中真知子|撮影:萩原亮|録音:高橋紗知|美術:江田あかり|OP・EDアニメーション梶保まみ|広報:藤木美沙|制作助手:瀬尾ー平|協力:ビデオSALON|50分

ある日、バンドリーダーから一方的に解散を告げられた女、イサリは、街を彷徨う一人の少女に出会う。少女は自らをイルカ少女のルカだという…。イルカ少女の無垢な可愛らしさと、哀愁、そしてその特殊能力を漫画家・タイム涼介が最新のVFXとやまのいゆずるのスペーシーな楽曲とのコラボで描き、MOOSIC LABに殴り込み!

恋文X(2014)

MOOSIC LAB 2014 ベストミュージシャン賞(カネコアヤノ)

『恋文X』

出演:カネコアヤノ、岡野真也、三河悠冴、徳網正宗

監督・脚本・編集:市川悠輔|劇中歌:カネコアヤノ|撮影:亀井耶馬人|照明:上村奈帆、平野礼、直井聡|録音:渡邊裕也|助監督:山口晋策、野崎 芳史、山守佑典、森克行|協力:上尾市フィルムコミッション、上尾市文化センター|60分

さとしは憧れのるり子ちゃんに告白しようと思った。ユミは卒業後の進路に悩んでいた。時を同じく現れた記憶喪失の男。不可解ななぞを残したまま、それぞれの物語が交錯していく—。PFFアワード2013グランプリの市川悠輔と新進気鋭のシンガーソングライター・カネコアヤノのタッグで贈る、クレイジーな青春ボーイミーツガールストーリー!

あんこまん(2014)

MOOSIC LAB 2014 審査員特別賞/ミュージシャン賞(町あかり)/男優賞(中村祐太郎)

『あんこまん』

出演:青山未来、和田光沙、中村祐太郎、三村昌也、松竹史桜、佐々木裕文 徳永芳子、新倉ケンタ

監督・撮影・編集 中村祐太郎|脚本・録音|木村暉|助監督:佐々木裕文|制作:畑中瀬音、古賀祐太、高畑朋世|音楽:町あかり|77分

今の自分をぶっ潰す。社会的状況や世間体のアンチになる。日本はブスい愛で国民を誤魔化そうとしていて、そんな日常に憤りを感じ続けている。でも君がいるなら毎日が新しい。東京学生映画祭2013グランプリほか数々の映画祭に招待された『ぽんぽん』の超新鋭監督・中村祐太郎×脚本:木村暉×音楽:町あかりチーム再集結で迫る人間ドラマ!