TOP   ⁄  WORKS

ライムベリー / “SUPERMCZTOKYO”(Music Video)

ライムベリー『SUPERMCZTOKYO』(Music Video)

出演:ライムベリー(MC MIRI、MC HIME、MC YUKA、DJ HIKARU)、新井秀幸、飯塚未生、上埜すみれ、國谷陽介、黒田美香、竹馬靖具、床井祐二朗、中川究矢、西口想、二ノ宮隆太郎、萩原収、土師朋美、あきやまなおこ、三才、村田裕美

2013|監督・編集:高畑鍬名&滝野弘仁|撮影:倉本光佑|照明:白鳥友輔|ヘアメイク:Masayo|助監督:二ノ宮隆太郎|プロデューサー:E TICKET PRODUCTION|アソシエイト・プロデューサー:直井卓俊|製作:エアリーズ・エンタテインメント|制作協力:SPOTTED PRODUCTIONS|美術・制作進行:内田沙季|制作応援:國谷陽介|機材協力:中瀬慧|車両協力:加藤綾佳|ロケーション協力:カフェ・ムルシエラゴ、カフェ・キューン|美術協力:佐藤哲也、平田友恵|4分

アイドルラップユニット・ライムベリー、2013年7月31日(水)に発売となった3rdシングルにしてタワー­レコードのアイドル専門レーベルT-Palette RecordsからのCD第2弾「SUPERMCZTOKYO」(Lyrics by E Ticket Production / Music & Arrangedby TetsuoSuse / E Ticket Production / Produced by E Ticket Production.)のミュージック・ビデオ。MOOSIC LAB 2013出品作品『FUCK ME TO THE MOON』やゆうばり国際ファンタスティック映画祭ノミネート作品『もしかしたらバイバイ』の高畑鍬名&滝野弘仁が監督を務めた。

■COMMENT by ライムベリー

今回、 初めてエキストラさんとかもいれてPVを撮影して、すごく見た目が豪華になった分、頑張らなきゃというプレッシャーも大きくなりました。当日は雨で、思ってたことがうまくいかず色々と苦労しましたが、スタッフさん、メンバーのおかげであそこまで素敵なPVができました。個人的にもすごく好きなPVなので皆さんぜひチェックしてみてくださいっ!(MC MIRI)

今回のPVは、前回のPVと違って出演しているのが私たちだけではなく、たくさんの方が出演して下さっているので、パーティーの雰囲気がばっちり感じられると思います☆見てくださっている方は自分もパーティーに来ているような気持ちになって見て欲しいです(・∀・)笑 特に可愛さ、かっこよさの両方が表現できるように頑張りました!可愛さもかっこよさもたくさん見つけてください。皆さんのお気に入りのPVになれたら嬉しいです(・ω・)(MC HIME)

私が好きなところは、最初の3MCがパーティー会場に入ってきてミリちゃんがお届け物をお店の人に渡してから、メンバーみんなで決めポーズするところ!音楽に合わせてお店の中に入って行くのがすごい楽しかったので!みなさんにも注目して欲しいです♪あと、見て欲しいところは私が歌う「そんなことよりリズムがたりない~♪」って歌詞があるんですけど、そこは「リポーターっぽくやって」って監督さんに言われたんです。ちゃんと出来てますかね?笑 自分的にもお気に入りのところなので見てもらいたいです!途中から雨が降ったりして、天気が悪い中での撮影だったのですが、そんなことを感じさせないとても元気なPVになっていると思います。みなさんもぜひみてください!(MC YUKA)

PV撮影では自分の大切にしている ぬいぐるみが登場しました!豚のPちゃんです☆ミリちゃんがどこかで持っています(笑)撮影の休憩時間は車の中で皆でマジカルバナナなどやってものすごく楽しかったです!!大変だった所は音に合わせてレコード盤を動かす事でした最後曲が終わって歓声が上がる中 周りにお辞儀しているDJ HIKARUにも注目して下さい!(DJ HIKARU)


ライムベリー★公式HP

自分の事ばかりで情けなくなるよ(2013)

【公式サイト】

2013.10.26(土)-ユーロスペースほか全国順次上映決定!!

『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

出演:池松壮亮 黒川芽以 大東駿介 安藤聖 山田真歩 尾上寛之 / クリープハイプ

監督・脚本・編集:松居大悟(『アフロ田中』『男子高校生の日常』)|原案:尾崎世界観(クリープハイプ) 音楽・主題歌(『傷つける』):クリープハイプ(ビクターテインメント)|プロデューサー:横田直樹、三谷敏久、林武志|照明:横堀和宏、壽村智之、西田真智公|録音・MIX:戸村貴臣|美術:片平圭衣子|ヘアメイク:矢口憲一、野本滋代、斉藤直子|スチール:浜野カズシ|衣装:中兼英朗、谷野留美子、石橋修一|助監督:畑井雄介, 国領正行|制作プロダクション:CONNECTS LLC.|製作:ビクター・エンタテインメント、プリミティブ|
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONSカラー|STEREO|98分
|©2013 Victor Entertainment, Inc

時代と共振する「音楽」×「映画」の連作コラボレーションが、奇跡の劇場映画化!

元カレが忘れられないピンサロ嬢、大好きなバンドのライブ当日に残業させられているOL、一途な想いを爆発させるオタク青年、トレーラーハウスで生活する謎の青年と美しき家出少女。どうにもうまく立ち行かない日々にただただ怒りや涙を爆発させる彼らの後悔だらけの日々が少しずつ交差していく…。
 劇団ゴジゲンの主宰であり『アフロ田中』『男子高校生の日常』など次々と話題作を手がける注目の新鋭監督・松居大悟が、今最も勢いのある人気ロックバンド”クリープハイプ”のフロントマン・尾崎世界観の原案を元に作り上げた画期的な音楽映画が誕生!その一連のミュージックビデオは、それぞれの登場人物が作品をまたいで交差していく群像劇であり、そこから派生したショートフィルムヴァージョンが存在し、ファンの間ではその映画と音楽の親和性の高さから、熱烈な支持を集めていた。本作『自分の事ばかりで情けなくなるよ』は、その中から『イノチミジカシコイセヨオトメ』、『あたしの窓』、『おやすみ泣き声、さよなら歌姫(Music Video)』に最新作『傷つける』を加えて全てが繋がり、待望の劇場用方編映画として完成した。
 松居大悟のオリジナル・ストーリーを、クリープハイプのヒットチューンが照らし、時代と共振するーーー。今だかつてなかった画期的な映画×音楽のコラボレーションが、遂にスクリーンに解き放たれるーーー!

恋の渦(2013)

【公式サイト】

シネクイントで大ヒット御礼!2013.8.31(土)-オーディトリウム渋谷ほか全国順次上映決定!!

『恋の渦』

出演:新倉健太、若井尚子、柴田千紘、後藤ユウミ、松澤匠、上田祐揮、澤村大輔、圓谷健太、國武綾、松下貞治

監督:大根仁|原作・脚本:三浦大輔|制作:山本政志|撮影:大根仁、大関泰幸、高木風太|録音:岩倉雅之、光地拓郎|編集:大根仁、大関泰幸|制作担当:吉川正文|助監督:甫木元空|美術:碓田佐紀子|美術協力:磯見俊裕|衣装協力:伊賀大介、destination Tokyo|製作:シネマ☆インパクト|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS

部屋コンで出会った9人の男女 交錯する恋心と下心
ゲスでエロくてDQNな恋愛模様!

部屋コンに集まった男女9人。イケてないオサムに、カノジョを紹介するのが、今夜の隠れテーマだ。しかし、やってきたユウコのルックスに男は全員ドン引き。それでも無理矢理盛り上げようとするが、全てが空回りし、微妙な空気のままコンパは終わったはずだったが・・・。その夜を境に、男女9人の交錯する恋心と下心、本音と嘘が渦巻き、ゲスでエロくておかしな恋愛模様が繰り広げられていくのだった。

気がつけば「恋の渦」!?

チャラ男とギャルたちの軽薄で些細な恋愛模様。浮気、別れ、裏切り・・・。本来ならまったく感情移入できない、傍観・冷笑するしかないどうでもいい世界に、次第に「これ思い当たる」「こういうのあるある」と感情が動き出し、いつの間にか観客自分自身の物語になっていってしまう。さらに観終わった後には、無性に誰かとこの映画について語り合いたくなる。観客は、知らないうちに「恋の渦」に巻き込まれてしまっていくだろう…!

ア然ボー然の低予算、撮影日数わずか4日間のインディーズ映画が連日売切&立ち見の大ヒット!これは、もう”事件”だ!!

「モテキ」で、絶大な支持を受けた大根仁監督が選んだ待望の次回作は、なんと初のインディーズ映画。「愛の渦」で第50回岸田國士戯曲賞を受賞した、ハイパー劇団ポツドールの主宰・三浦大輔の原作・脚本による「恋の渦」の映画化だ。山本政志監督率いる実践映画塾「シネマ☆インパクト」内の1企画として制作された「恋の渦」は、オーディトリウム渋谷にて連日キャパオーバーとなる大ヒット!ツイッターでの絶賛コメントも沸騰状態となり、最終日には24:00、26:40の緊急追加上映を敢行するも、異例の満員御礼。異常な熱気渦巻く劇場は、今年上半期の大事件となった。観客からの圧倒的支持と熱いリクエストに応え、拡大ロードショー公開が決定。「恋の渦」を見ずに”今”の”映画”は語れない!