TOP   ⁄  NEWS

[NEWS]2.9-2.15『フラッシュバックメモリーズ3D』公開記念・松江哲明監督特集上映が開催決定!

『フラッシュバックメモリーズ3D』公開記念・松江哲明監督特集上映

FLASHBACK 1999→2012

[日時]2.9(土)-2.15(金)連日21:10-
[劇場]オーディトリウム渋谷
[料金]一般=1300円/学生・シニア1200
※『フラッシュバックメモリーズ3D』前売券・オーディトリウム渋谷での『フラッシュバックメモリーズ(2D上映)』半券ご提示にて 1100円

企画:SPOTTED PRODUCTIONS+SPACE SHOWER NETWORK/提供:Tip Top、Jungle Music、東風、エスエスエム、HMJM、日本映画学校/協力:真利子哲也、九龍ジョー、那須千里、杉原永純/特別協力:イメージリングス


2.9(土)21:10-

『密林大陸』

2009/日本/DV/70分 【未ソフト化】

演出・構成:GOMA
 出演:GOMAほか

GOMA活動10周年記念作品として、制作されていたセルフドキュメンタリー。この作品制作中に交通事故に遭うが、まるでそれを予測していたかの様な言葉の数々が印象的。この映像が残されていた事が、失った記憶を補填し彼を壮絶なリハビリへと奮い立たせることになる。松江哲明監督「フラッシュバックメモリーズ」への橋渡し的作品。未完。(J)

★上映後ゲストトークあり:松江哲明(映画監督)×GOMA(ディジュリドゥ奏者)×高根順次(『フラッシュバックメモリーズ3D』プロデューサー)


2.10(日)21:10-

『あんにょんキムチ』

1999/日本/DV/52分 【未ソフト化】
演出・構成:松江哲明/
出演:松江哲明、松江在哲、松江雅子ほか

日本映画学校(現・日本映画大学)の卒業制作として、祖父の死を発端に在日コリアン三世である自分とその家族にキャメラを向けたセルフドキュメンタリー。ここに映っている父親が後に『ライブテープ』を作らせる。インタビュー、食、動物、旅といった原型がすでに完成。(N)

『カレーライスの女たち』

2003/日本/DV/30分 【未ソフト化】
演出・構成:松江哲明/出演:松江哲明ほか

女優、女友達、恋人。都内在住の3人の女性宅にカレーをご馳走されに行って、2日目を食べるために一泊してしまう。ただそれだけの話。女の子への憧れや恋愛と性に対する甘酸っぱい期待、ちょっとした下心が松江らしい。近くて遠い、危うい男女の距離感がスリル満点。(N)


2.11(月)21:10-

『前略、大沢遥様』

2012|2003年/日本/DV/60分 【ディレクターズ・カット版】
演出・構成:松江哲明/出演:大沢遥、松江哲明、向井康介ほか

単体女優モノの1コーナーとして撮られた、AV初監督作。童貞の大好物『スタンド・バイ・ミー』風のロングショットや、女優と湯船につかりながらも指一本触れようとしない(というか触れられない)姿など、『童貞。をプロデュース』ビギニングといっても過言ではない。(K)

『双子でDON!』

2005/日本/DV/60分 【未ソフト化】
演出・構成:松江哲明/出演:山野姉妹、花岡じった/撮影:近藤龍人

一卵性双生児の姉妹がカラミの最中に入れ替わったら絶倫のAV男優は気づくのか? 何ともフキンシンで楽しすぎる実験映画。仕掛人である山野姉妹とターゲットの花岡、松江の親しみやすい人柄と気心知れたクルーは、恐ろしいことにAVの現場に家族の片鱗を見せるのだ。(N)


2.12(火)21:10-

『童貞。をプロデュース』

2007年/日本/DV/85分 【未ソフト化】
演出・構成:松江哲明/
出演:加賀賢三、梅澤嘉朗、峯田和伸ほか

インディーズ映画の枠を越えるヒットを記録し、松江哲明の名前を知らしめた青春ドキュメンタリーの傑作。自意識の囚われ人・加賀くん(童貞1号)と、ビューティフルドリーマー・梅澤くん(童貞2号)が踏み出す勇気を見よ! 応援歌のように響く峯田和伸の名演も必見。(K)

『セックスと嘘とビデオテープとウソ』

2008年/日本/DV/30分 【未ソフト化】
演出・構成:松江哲明

松江と彼をめぐる女性たちとの関係を虚実不明のままアブストラクトに構成した、衝撃のセルフ・ドキュメンタリー。「ハメ撮りの夜明け」後日譚としての位置づけも。自らの”生”と”性”を冷徹に見つめるカメラ・アイは、明治に誕生したこの国の私小説の最新型のごとし。(K)


2.13(水)21:10-

『川本真琴 アイラブユーって聴こえる』

2010/日本/DV/20分
演出・構成:松江哲明 
出演:川本真琴 撮影:近藤龍人

川本真琴の楽曲「アイラブユー」のPVおよびそのメイキング的短編『アイラブユーって聴こえる』。本プログラムではじめてスクリーンに。福井にある川本の実家や慣れ親しんだ地元の雪景色の中で見せるリラックスした佇まいと繊細な表情がひたすら美しい。(N)

『ライブテープ』

2009年/日本/DV/74分
監督:松江哲明 
出演:前野健太、DAVID BOWIEたち、長澤つぐみ/撮影:近藤龍人 /録音:山本タカアキ

元旦の吉祥寺の街をギターを弾き語りながら歩くミュージシャン・前野健太を、mini-DVの収録分数ぎりぎりのワンシーンワンカットで捉えた傑作ドキュメンタリー。街ゆく人々の足どりや息づかいに接近するリズムで刻まれた歌は、ラストに至り、空へと溶けていく。(K)


2.14(木)21:10-

『アブコヤワ』

2007年/日本/DV/26分 【未ソフト化】
構成・演出・編集:真利子哲也/編集:松江哲明/企画:佐藤佐吉/製作:エスエスエム

製作費の百万円を全額宝くじに当てたことから巻き起こる真利子哲也とその家族らの葛藤を追う怪作セルフドキュメンタリー。佐藤佐吉プロデュースのオムニバス映画『そんな無茶な!』に収録の一作。松江監督は「編集」で参加している。(T)

『極私的神聖かまってちゃん』

2011年/日本/DV/60分 【未ソフト化】
監督:松江哲明/出演:神聖かまってちゃん、臼田あさ美、梅佳代、浜田ブリトニー、竹内道宏、ファンの方々/編集:今井大介/MA:山本タカアキ/製作:スペースシャワーネットワーク

インターネット世代の寵児バンド・神聖かまってちゃんのファンたちにカメラを託し、その複数の視点を紬ぎ、やがてライブ会場に集結させる。当時ソーシャルネットワークサービスを頑に拒否していた松江が、逆にその魅力を見事に伝え切った快作ドキュメンタリー。(T)


2.15(金)21:10-

『トーキョードリフター』

2012年/日本/DV/72分
監督:松江哲明/出演:前野健太/撮影:近藤龍人/録音:山本タカアキ/制作:岩淵弘樹/車輛:大西裕/記録:九龍ジョー/配給:東風

『ライブテープ』で元日の吉祥寺を歌い歩いたミュージシャンの前野健太が、東日本大震災後の暗く沈む東京の一夜を歌いさすらう。松江哲明とその仲間達が捉えた、極めてナイーブ且つデリケートな3.11直後の風景と、音楽と共に訪れる東京の新しい朝の記録。(T)

『シークレット作品』

2013/日本/??分
監督:松江哲明

※2.8(金)に詳細を発表致します。

■解説文:J=Jungle Music、K=九龍ジョー、N=那須千里、T=直井卓俊