TOP   ⁄  NEWS
TOP   ⁄  701

混乱の中で、粛々と。

■震災から1週間。神聖かまってちゃん国技館ライブをはじめ、次々とイベントや上映やライブが中止になってゆく。気を抜くと混乱してしまう。テレビを付けるとさらに混乱してしまう。そんな中、入江組『ロックンロールは鳴り止まないっ』は逆行して突き進んでいる。驚くべき事にまだ完成していない上に追加撮影もあった。交通事情が悪化し、余震と原発に怯える中で、完成もしてないのに取材もやった。テレビ東京「シネ通」の取材では「現在公開中の『ロックンロールは鳴り止まないっ』監督の入江悠さん」と紹介していた。上映に関してどうすべきか、日々製作委員会で話し合っている。

■プロデューサー大槻さんが「もう世界は3.11以前には戻らないんだよ」と言った。ここまで作って来た映画のメッセージも意図していた物と違うように捉えられてしまうこともあるかもしれない。神聖かまってちゃんの『美ちなる方へ』の「出かけるようになりました」というフレーズ1つ取っても、意味合いが違う。そもそも神聖かまってちゃんというバンドが、(危)印のパブリック・イメージと本質(実は王道のロックバンド)というギャップがあるバンドであるんだけれども。先日、取材用に仮編集版で観てくれたライターさんの「神聖かまってちゃんがスタンダードなロックに聴こえて来ました」という感想が嬉しかった。一番最初に入江監督に依頼した理由はそこだから。入江監督なら「普遍的な物語」でかまってちゃんの「根っこ」を掴んで掬い上げてくれると思ったから。ドキュメンタリーが観たい人は是非いつかライブに行って欲しい。彼らの配信を観てほしい。の子さんも、こないだのAXのライブでも言っていた。「かまってちゃんが映画になるがそんなものは観なくていい。なぜなら俺が映画だ!」と。わはは。

■そんなわけで『ロックンロールは鳴り止まないっ』公開に関してこのまま4.2封切りかどうかを含め、今週中には発表します。もうしばしお待ちください。

■あ、こちらの映画が今日から福岡で先行公開。

こちらも宜しくお願い致します。強い気持ちがあれば奇跡は起こる。空だって飛べる。映画はいろんなことを教えてくれる。いや、そういう重いこと抜きにしても瑞々しい青春映画です。堀禎一監督なんで一筋縄ではありませんが(笑)東京は4.23〜池袋テアトルダイヤにて。ご期待ください。

そんなこんなで。

今週も自分にできることを粛々とやろうと思います。

ぱぱんが、ぱん。