TOP   ⁄  NEWS
TOP   ⁄  701

「劇かま」な年末。(直井)

■神聖かまってちゃんの『つまんね』『みんな死ね』がいよいよ発売された。『つまんね』はメジャーのワーナーミュージックから、『みんな死ね』がインディーズのPerfect Musicからという、片足メジャーデビューというあたりも含めて話題が尽きない彼らだけど、個人的には『つまんね』の完成度の高さから、生き急ぐロックスターの子さん…だけでなく、トム・ヨークのごとく進化し続けるような予感も感じられた。先日リキッドルームのワンマンでもキラリと光っていた『黒いたまご』『夜空の虫とどこまでも』あたりが、その鍵を握っている気がする。

■そういえば、僕が『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』を立ち上げてから1年近くが経った。このアルバムに収録されている曲、各誌に登場したの子さんのロング・インタビュー、毎回何かが起こるライブ、その上昇っぷり、ファンの加熱っぷりがハンパない状況になっていき、焦りもあった。しかし、そんな中、距離感を保ちながら冷静に状況を見つめて来た入江監督。自身による脚本も大詰めとなっている。一体どんな内容なのか?年明け早々には満を持しての第1弾告知を予定してますので、ご期待ください。

そんなこんなで。

あっという間に師走!年賀状どうしよう!

ぱぱんが、ぱん。